そのひぐらし

バンドそのひぐらしの音楽活動をお届けします

原口正樹、その愛

ここんとこすこぶる体調が悪い。

悪い中でも特に悪い時は、原口の言うように廃人のようだ。

まるでアフリカか南米の呪術師に呪いをかけられているかのように体は重く、

頭は脳が空洞化しているかのようで新曲の構成が覚えられん。

ひたすら寝ていたいが日常がそれを許してくれない。

ここまで不調が続くのは生涯初ではないだろうか。

思えば新茶から復帰の時からずっと調子が悪い気がする。

復帰一発目のライブ、浜松キルヒヘアへ向かう時にも調子が悪かった。

浜松に向かい高速道路に乗る際、ふとガソリンは大丈夫か気になったが口を開くのが億劫で黙っていると、

高速道路ガス欠事件を引き起こしてしまった。

東京は新宿JAMへ向かう際、私は寝る気満々でバンドワゴンに乗り込んだ。

私が座るであろう助手席に枕が置いてあったのは原口の優しさだろうか。

その枕を首にあてがい少し眠ると海老名のサービスエリアの手前で目が覚めた。

昼飯を食おうという段取りになり、さっきまでなかった食欲が沸いてきたのでカツカレーを食うことにした。

私がカツカレーを食っていると、「死に行く人間はカツカレーなんか食わない」と原口は嬉しそうだ。

さて、腹も満ちたところでもう一眠り、と思っていたら首都高に入ったらナビを頼むと大役を任せられ、若干げんなりした。

不思議と本番前には調子を取り戻し、運転手の熊井もまた調子に乗り酒を飲むもんだから帰りの運転は私になる。

バンドワゴンが首都高から東名に入ると安心からか眠気が襲ってくるが、運転を変われる人間はいない。

わけあって同乗しているクロキユウタは眠りっぱなしでクソの役にも立たん。

自らの額や頬に平手打ちを喰らわせ眠気を払う地獄のドライブだった。


思い返せば大変な日々であったが、いろいろサボって休んでるおかげで少しずつ調子を取り戻してきている感覚がある。

体が資本ってのはうまいことを言ったもんである。

次回、8月11日はブルース和也の根城、「やまぼうし」ではビンビンで逢いましょう。








  1. 2017/08/02(水) 19:36:41|
  2. 岡嵜豊の日記 「豊饒のマントラ」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

りんご音楽祭・・・・・だと?



安兵衛風に写真を撮ってみましたが、やってきました「りんご音楽祭」のチケット。

7月16日、「りんご音楽祭」に出演するためのオーディションに行ってまいります。

時間は未定ですが、開場は東京、新宿JAM。

田舎者の日陰者のそのひぐらしが東京デビューでございます。

どうぞ応援よろしくお願いします。


追伸  写真は7月16日のオーディションライブのチケットです。
見に来てくれるという酔狂な方には、2000円と書いてありますが格安でお渡しします。
よろしくどうぞ。

  1. 2017/06/14(水) 20:50:30|
  2. 岡嵜豊の日記 「豊饒のマントラ」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

八十八夜越え

そのひぐらしで最もセクシーな男が地獄の八十八夜を越えて帰ってくる。

まずはバンドの呼吸を合わせるべく、感覚を取り戻すことが肝要である。

先週の練習日にちょろっと顔を出しにいくと、「明日の3人ぐらしのライブに向けて練習したいんですけど・・・」、

と笑顔で迎えられるはずの久しぶりのホームなのに超アウェイ感。

連続勤務33日目の夜に合わせたセッションでは、蓄積された疲労から最悪のビートを刻んでいたらしい。(本人に自覚はない)

体調を考慮に入れず、辛辣な罵声を浴びせてくるタケル・クマイは相変わらずで愛おしく憎らしい。

差し当たって6月25日(日)、浜松キルヒヘアに向けて調子を上げていきたいと思います。
  1. 2017/06/02(金) 18:59:39|
  2. 岡嵜豊の日記 「豊饒のマントラ」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

げのげの

久しぶりに夜に時間ができたので映画を観賞することにした。

急なことだったので、ビデオ屋で借りてきた一本ではなく私の数少ないDVDコレクションの中から選ぶことにする。

今日の気分で私の手が選び取ったのは、シルヴェスター・スタローンの「ランボー」だった。

しかし私の所有する「ランボー」はトリロジーパックといってランボー1・2・3と3つセットになったもので、

この中から観るべき一本を選ばなければならない。

ふと手に取った「ランボー3」の箱の後ろに、

「タイのバンコクで心の傷を癒すかのように静かに暮らしていたランボーの前に元上官トラウトマン大佐が現われる。
 アメリカ情報局の極秘任務に協力し、アフガニスタンに潜入して欲しいと言うのだ。
 依頼を断ったランボーだったが、トラウトマン大佐がソ連兵に拉致されたと知ると、救出のため、15万人のソ連最強師団がいるアフガンの戦場へと向かった。
 1作ごとにスケールを増すランボーシリーズ第3弾!」

と書いてある。 もはや迷いはない。今日は「ランボー3」で決まりだ。


熊井はきっと小馬鹿にしたように笑うであろう。

熊井とは映画の趣味が合わない。

彼は小難しく、内容があるのかないのかよく解らない、私からすると「はあ?」というような映画を好む。

さらに悪いことに自分は崇高な映画を観て感動し、貴様は「ランボー」やら「腕相撲」の映画を観てヘラヘラと喜んでいやがる。

自分が感動しているこの映画の素晴らしさが理解できない貴様はあまりに不憫で下等な人間であると、冷酷な目で見下すのである。

熊ちゃんよ、俺はお前が可哀想だ。

気が向いたらいつでも言ってくれ。 私の「ランボー トリロジーパック」を貸そう。

ちなみに「ランボー 最後の戦場」もあるよ。


  1. 2017/04/22(土) 23:40:27|
  2. 岡嵜豊の日記 「豊饒のマントラ」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

K-mix FOOO NIGHT ピンソバに出演します。

この春、K-mixで19:00からやっているバカボン鬼塚さんと高橋茉奈さんの新番組「FOOO NIGHT ピンソバ」に出演させてもらえることになりました。

4月12日の水曜日、20:10頃からの出演になるそうです。

噂のview-stにデviewです。

お時間のある方は是非聞いてみてください。

よろしくどうぞ。


追伸 rajikoのタイムフリー機能で神谷宥希枝の独立宣言ザオーディションでの安兵衛を聞きました。
    最高でした。あれは最高でした。
    最後のインタビューで神谷さんを怒らせていたところは最低でした。
    
    

  1. 2017/04/09(日) 12:02:57|
  2. 岡嵜豊の日記 「豊饒のマントラ」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ