そのひぐらし

バンドそのひぐらしの音楽活動をお届けします

真夏の夜の招待状

 こんばんわ清流の中でしか生きられない山椒魚みたいな在来天然記念物バンドそのひぐらしです。

何度もアナウンスしてますがしつこくもう一発。 我々にとってアルプスのマッターホルンのような存在のPAしのらりことブルース和也氏主催の8月11日(金)山の日19時30分開演ギャラリー喫茶やまぼうしライブのご案内。

ブルース和也(イカサマロック)
移民の歌からブラックドックへなだれこむ全6曲24分のLedZeppelin メドレー。
それは目を閉じて聴いてれば、ジミーペイジの必殺のリフでグイグイ押して、ボンゾとジョンポールジョーンズの無敵のリズム隊のグルーヴの上にあのロバートプラントのハイトーンヴォイスの雄叫びで攻め立てる一人四役の超絶プレイで演じるのだからこれはゴイス。

カミソリのようなキレッキレッのギターカッティングとオンタイムのヴォーカルのみでBrunoMarsファンクネスを再現。ラップも披露するかも・・・

アメリカンブラックユーモアを連発。そのひぐらしへの誹謗中傷アイロニーと愛。今回は達郎師匠は封印します。最後は夏といえば
「時をかける少女」をオリジナルキーで締めくくります。

このメニューは私の勝手な完全な妄想です。信じないでください。でも希望です。


そのひぐらし(フォークロック)
今回初めてアンプラグド(死語)方式(カホーン、エレアコギター、エレアコベース)で臨みます。和也さんが大嫌いなテンポを落とした大人のムーディーな演奏に努めます。でもそんな技量はありませんので道具が違うだけのいつもどうりの暑苦しいものになると思われます。

ブルース和也とそのひぐらしの待ったなしの40分2本勝負。どちらの方がしぶく汗の量が多いのか勝負です。
負けた方が勝者の腋の臭いを嗅ぐということで二言はありませぬ。でも和也さんが負けたら4人分の腋の臭い嗅がなくてななりません。これは地獄絵図です。

そんなことばっかり言っているから、だからお客さんがこないんですってばっ!  よすなに?。
  1. 2017/08/09(水) 18:50:38|
  2. 原口正樹の魚雷日記 「鈍愚羅・漫愚羅」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<そのひぐらし@theband_2007 | ホーム | 奇人レオナの異常な愛情>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sonohigurashiblog.blog122.fc2.com/tb.php/819-ab4d970f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)