そのひぐらし

バンドそのひぐらしの音楽活動をお届けします

バンド道

数日前の晩に岡嵜から電話があった

いつものように冷静沈着ではあるが、決意と得体の知れないなにかをを帯びた独特な口調であった


兄さん、このままではきたるべき大戦では戦っていけない


!?

どうやら先だってのフリーキーで彼は気付いたようだ

自分の太鼓の出音が、他と比べると圧倒的に存在感が足りていない、
というようなことだった


  というわけで、神々が宿る木々から創られたという聖なる武具 伝説のブビンガを求め、
サムライという名のドラマー達がひしめきあう聖地
シライのあんちゃんとこへと、オカザキ(武士)と私(土工)は旅だった(気分はRPG)



省略


結果はどうあれ、行く先々での出来事やサムライ達の所作は 冒険をより質の高いものへと、私にとっては鳴り止まないワクワクやどきどきを与えてくれた

だが道はまだまだ長い、 原口から言わせりゃ まだまだ長い旅の途上さ! だ

しかしながら、帰ってから岡嵜の愛する嫁、倅、娘より手厚く旅の疲れを労ってもらい我々はまた胸に刻んだのである

各々がより独立し 奏で合う為にもより感謝、We are Sonohigurashi the Band




追伸、なにか気になった方がおられたら今度また岡嵜に聞いてみてください、楽しかったよ

注記、きたるべき大戦とは、いつくるかはわからないがずっと先を見据えた大戦のことです

  1. 2015/03/01(日) 15:20:38|
  2. 杉山玲央奈の日記 「奇人館」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

抗えず辿り着いた

俺は立ち小便をする時 おいどうだ、おいどうだと最後の最後まで諦めない
放つと同時にひらひら蝶が舞い空高く駆け巡る小便は永遠の虹
しかし永遠は存在しない
美しい儚さに抗うかのごとく天高く~遠くへと魂は叫び 手を突き出す
おいどうだ、
おいどうだ!踊れや踊れと言わんばかり

それはとても大事なことだ
と思っていたが、小便がしたくて小便をしているだけだと気付いてしまった
  1. 2014/11/02(日) 21:56:32|
  2. 杉山玲央奈の日記 「奇人館」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

またあいましょう

DSC_0163.jpg
  1. 2014/10/13(月) 14:27:54|
  2. 杉山玲央奈の日記 「奇人館」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なあ あんた、それで幸せかい?

何も書くことあないですが、あたまのなかは帰りがたきふるさと、まどいせん

追伸、そのひぐらしの録音作業はストップ中ですが、思いのほか、絶好調と言ってもいいでしょう。
また逢いましょう
追伸2  ついでで失礼ですがぐちのふところにいだかれたい皆さん、ごきげんよう。

  1. 2014/09/16(火) 21:16:15|
  2. 杉山玲央奈の日記 「奇人館」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

弟よ

DSC_0053.jpg
罪深いほどに有り余るかっこよさ

追伸、兄貴の出来心をどうか許してください。
  1. 2014/06/24(火) 19:45:53|
  2. 杉山玲央奈の日記 「奇人館」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ